-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2011-08-06 00:55

俺達は節電のために非電源ゲームをやってるんじゃねぇんだよ!!

 
 
そんなこのクソ暑い最中にゲーム三昧の駄目なおっさん達の記録





日曜はQ次郎がボードウォークで買ってきたゲームをその場でバリバリ開封してのプレイ
まずは「ストラーダ・ロマーナ」をプレイする事になったのですが、プレイ人数が5人までとのことで
今回私は抜けさせてもらい、次回遊ぶ予定の「蒸気の時代」のルールブックを熟読する事にしておく。





romana.jpg
こんな狭い道に10台もの馬車が一斉に・・・・   無理ゲーだわー






ストラーダ・ロマーナではプレイヤーは商人となってローマ街道を行き交う荷馬車を使い各地の市場から
商品を仕入れて需要のある都市と契約を成立する事で得点を稼いで行きます。
その他にもお金を貯めたり、目的地に到着する荷馬車を当てても点数を得ることができます。
お金は5枚未満では得点にはなりませんが、特殊な移動に使用できる為ここぞという場面で重要になってきます


こうして勝利点が尽きるか、4台の馬車が目的地に着いた時点で即座にゲーム終了
最も多く得点したプレイヤーの勝利と、まぁこんな感じだったかな?



商品の得点方法が少し特殊になっており、締結した契約の色の種類数に、最も多く契約を締結した
1色の契約の数を掛けた値をポイントとなるため、無駄なく計画的にタイルとキューブを獲得していくのが
非常に重要となっているのだが、今回開封後にパーツ数のチェックをせずにプレイした為、
どうやらタイルとキューブの数が設定された記定数とは異なっていたようで、
終盤に出てくるはずのタイルが出てこなかったり、あるはずのないキューブがひょっこり登場したりと
なんかグダグダな展開だったみたいw

結局この乱戦を見事制したのはひげの人でした






【遊んだ感想と評価】
10台の馬車が一斉に狭い街道を行き交う様はさながら戦車レース「アヴェカエサル」の様で
見ていてなかなか楽しいのですが、チップとコマの特殊な得点計算のおかげで
自分と他人の収集状況を考慮しての計画的な取得と、残りキューブのカウンティングが要求される為
プレイは自ずと長考気味になってしまうい、どことなくアブストラクト系のゲームに近いような感じでした。
苦手なタイプだわーw






【個人評価】:ストラーダ・ロマーナ
0ten.png





  













その後は全員で久々に「操り人形」をプレイすることに





citadels.jpg
そういえばまだ拡張のほうの職業入れて遊んだことないなー どうなんでしょ?




プレイヤーは8種類ある職業からランダムで1枚抜いたカードから(6人プレイ時)
前回国王だったプレイヤーから順にドラフト方式で1枚づつ秘密裏に選択して行き、
最後に選ばれなかった1枚のカードを裏向きにして捨てます。



その後、職業カードに振られた番号順にコールしてゆき、そのカードを持っているプレイヤーは正体を明かし
順に行動していきます。
手番には金貨2枚か建築カードを手に入れる他に、職業ごとの特殊能力を1回使用できます。
指定した職業の手番を飛ばす暗殺者、指定した職業から金をすべて奪う泥棒などの特殊能力を上手く活用して
他プレイヤーを妨害しつつ、建築コストを払って手札から建築カードを場に出してゆく事を目指します。
こうして誰かが8件以上の建物を建てた時点でゲームは終了し、最も建物の価値を稼いだプレイヤーの勝利
とまぁこんな感じ   割と有名なゲームなんでプレイした方も多いはず






今回は序盤からずっと商人を選択し続けていたKu-3が、案の定暗殺者に殺されまくってかなり出遅れモード
商人ばかり選ぶからじゃと忠告するも、本人曰く「いやぁー 逆に抜け穴にならないかな思って」と嘯くKu-3


逆に前回執拗に王様を選択し続けて、序盤はブイブイ言わせ後半フルボッコとよくあるパターンのともぞうさんだったが
今回は魔法使いや伝道師をメインに選択し目立たずプレイしているようで、高価な建築物を着々と並べていたが
これからというときに2連続で暗殺されたあげく、建物まで破壊されてしまいここで戦線離脱


こうして私と生茶さんが頭ひとつ抜け出た形になり、結果他プレイヤーの猛攻を受けてしまい一歩後退
その後はなかなか後一枚のカードを出せない生茶さんの隙を突いてノーマーク気味のひげの人が
さっくり5色揃えた状態で建物を8件立て切ってゲーム終了させ、そのまま勝利を掴んだのでありました 合掌






[高画質で再生]

たまとっちゃるけんのう! [ブログ]








【遊んだ感想と評価】
システム上どうしても毎回壮絶なトッププレイヤー叩きが始まるので、実は苦手なんですよね このゲームw
この辺は元ネタになったゲーム「フェレーター」の方がこの辺の処理がすっきりしていて
個人的にはそちらの方が好みなんですが、高価な建物を建てるという明確でシンプルな目的に加え、
対応人数の多さと分かりやすいルールで一般的にはこちらのほうが人気なんでしょうね




【個人評価】:操り人形
3point




















水曜は全員でガッツリと「蒸気の時代」をプレイだ
開拓時代の北アメリカを舞台に、鉄道会社の経営者となって、都市間に路線を敷設し、
都市間で商品を輸送してはお金を稼ぐことで自社鉄道網を拡大していくといういわゆる鉄道ゲームといわれるもので
「ブラス」と並ぶM.ワレス氏の代表作の1つである







joukino.jpg
開始時:このキューブを同じ色の都市に運ぶだけでしょ?  楽勝じゃね?wwwww






取り合えずインストを終え、各々好きなように路線を引いていくも、1ターン目を終えた時点で
そのあまりの資金のカツカツっぷりに皆愕然とする
仕方が無いので皆で株式発行という名の借金を重ねて行き、自分の路線を広げていくのだが
輸送のたびにボード上にある資源がドンドン尽きていき、資源を求め更に株を発行して資金を調達しては
無駄に路線網を広げていくしかないという酷い自転車操業を余儀なくされ、終始資金繰りに四苦八苦で辛い辛いねぇ




そんな中で借金ゲーをさせるといつも必要以上に借りすぎて、必ず最後に駄目になってしまうひげの人は
今回も順調に借金を増やして行き、折り返し地点あたりで既に最大発行株数まで借金を膨らませており
「んほおおおおぉぉぉ! 借金おいしいでしゅうぅぅぅぅ! 維持費払えないんで破産なのおぉぉぉ!」
とアヘ顔ダブルピースで最終ターンに盛大に破産    うむ! 今回も楽しんでいるようでなによりなによりw



結局頑張って西部で1人コツコツと自社路線を伸ばしていき、最終的に競合相手もなく
独占路線網を上手く使ってどうにか終盤に黒字経営にこぎつけたKu-3の勝利でした






joukino2.jpg
終盤:あばばばばばば    あばばっあびゃばびゃばば    ・・・もうだめぽ   







【遊んだ感想と評価】
辛かった、そして辛かった・・・




・・・だがそれがいい




【個人評価】:蒸気の時代
4point

















と先週はこんな感じでした  ひげちゃん大活躍ですな
お盆休みにでも時間の都合が付けば、何人かで普段遊べないヘビーゲームをじっくりと遊んでみたいねー
と思いつつもお盆休みがあるかどうかもまだ分かんないんだけどねー  (´・ω・`)ショボーン















chirasi.jpg









1位:
ranktomozou.jpg
 ともぞう     6勝10敗 / 勝率 37.5 %    







2位:
rankhige.jpg
 ひげの人      4勝7敗 / 勝率 36.4 % 






3位:
rankoyazee.jpg
 oyazee!       4勝15敗 / 勝率 21.1 % 





4位:
rankku3.jpg
  Ku-3       4勝16敗 / 勝率 20.0 %  
  




5位:
rankqjirou.jpg
 Q次郎       2勝15敗 / 勝率 11.8 %  






6位:
rnamacha.jpg
 生茶N       1勝10敗 / 勝率 9.1 % 
























んっがくっく
スポンサーサイト

Theme:アナログゲーム
Janre:ゲーム

  1. 対戦記録
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

oyazee!

Author:oyazee!
主にボードゲーム・PCゲームで遊んでいます

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

UNIQLO Calendar

管理者用

                                       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。