FC2ブログ

-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2009-10-15 15:39

スモールワールド It's a Small World

今回はKu-3と2人で、ひげ邸に襲撃することにするのだ
とはいえ手ブラじゃなんなので、Civ4大好きなひげの好きそうな「スモールワールド日本語版」を持って行く事にする。


sw.jpg


ドンドンドン 
「こんにちわ~ 消防署の方から来ました 消火器買えやゴルァ!!」
「うるせー はよ入れや」
「オゥイェスオゥイェー」


そんな訳で早速ゲームの準備
Ticket to Rideシリーズでお馴染みのDays of Wonder社製という事もあって、コンポーネント類が非常に美しく
ほほぅと眺めながらセッティングしていると、今まで夢中でDSカービィで遊んでいたひげの娘が興味深々で寄ってくる


sw1_20091015141626.jpg
ユニット収納用に分離可能なトレーが付属、ご丁寧に収納位置まで説明書に明記されてます さすがだw


「おとーしゃん これこれ」と脇によけていたドラゴンのユニットを指差しながら飛び跳ねてはしゃいでいる様子 
それを見たヒゲパパ 急に神妙な顔つきになり「触ったの? まさか これ今触ったの?」と
娘を問い詰め始めると、見る見る娘の顔色が青ざめていき
「触ってないもん あーたしさわってなぁーい うわぁぁん」とヒゲ嫁のとこに一目散に逃げ去っていく
はてな?と事情を聞いてみると、何でも先日「ドミニオン」のカード一枚を、娘に握り潰され台無しにされたらしく
きつく叱りつけて、2度とお父さんのゲーム類を触らないように躾け中とのこと   納得w


そんなこんなでゲームスタート

このゲームの目的は、ファンタジー世界の一種族を担当し、マップ上の領土を征服し勢力を拡大しながら、ひたすらお金を稼ぐのである 
最終的に一番稼いだプレイヤーの勝利と、まぁ簡単に言うと陣取りゲームですな


まずは一番耳がとがっているKu-3からプレイだ (実際そんなルール)

ボード端にランダムに引いて並べた種族と特殊能力を組み合わせたプレートの中から気に入ったものを取る


sw2_20091017152538.jpg


一番上は無料だが、下の方に居る種族ほど高価で、上にいる種族に1コインづつ置いていくというシステム 
こうして溜まったコインは、そこを選んだプレイヤーが受け取る事になる。


sw12.jpg
錬金術師の効果「各ターンに追加で2コイン」とオークの効果「他民族のいる征服した地域一つにつき1コイン」と、かなりコインを稼げそうな組み合わせだが
こんな賢そうなオークは嫌だw



ここでKu-3は2コイン払って錬金術師のオークを選択
錬金術師プレート左下に書かれた4とオークプレート右下に書かれた5を足した9つのオークユニットを受け取りマップ北西部から侵略を始める

続くひげは、なんとなく強そうと言う理由で霊体のウィザードを選択
10枚のウィザードユニットを受け取ると、マップの南部を一気に制圧 順調にコインを稼ぐ


最後の手番の私は、残ったコインの乗っている沼地のアマゾネスを選択
沼地効果狙いで比較的沼地の多いマップ北東部から侵略を開始する。


sw3_20091015141623.jpg
1ターン終了時の盤面 もうすでに手狭な感じ、これ以上の領土を望むなら・・・



次のターン、各々がコイン獲得のため侵略を進めるのだが、
このゲームのタイトルのとおり、皆が共存するにはこの世界は余りに狭すぎるのだ
よって、ターンが進むにつれ熾烈な相手の領土の奪い合いが始まる 


相手の土地を奪うには守っているユニットを2枚上回るユニットで攻め込めばいいだけ、ルールは至極簡単だ
侵略された側は1枚のユニットを失い自陣地内に撤退する事になる、


持ちユニット数は限られているので侵略して手を広げすぎるか、お互いにらみ合いになり動けなるかで、次第に状況は煮詰まってくる
そんな時は種族の衰退させ、新たな種族で再スタートし再度覇権を争うのだ
なお衰退後も、エリアに居る間はコインを稼いでくれるのだ


sw9.jpg


sw10.jpg
タイルをクルリと裏返し種族を衰退させることが出来る、このウィザード霊体の効果で2世代にわたって存続できる
時代の経過のせいで持ってる本のタイトルが微妙に変化が  細かいw



そんな訳で、目一杯侵略したため手詰まりになったひげと私は、このターン種族の衰退を選択して お互い手番終了
ここでKu-3は錬金術師効果のボーナスコインに目がくらみ、一人衰退を遅らせ更に進軍を続ける、
この辺の衰退に移行するタイミングが結構重要だったりする


次のターンひげは「英雄のハーフリング」を取得、目一杯広がったKu-3の領土を占領していく
私は「特殊部隊のトリトン」を選択してみたところ、これがメチャメチャ強く、ポイントが稼げそうな西の海岸から上陸すると
破竹の勢いでモリモリとKu-3オークの領土を奪っていく


sw11.jpg
特殊部隊の効果により1少ない戦力で征服可能、またトリトンの種族特性により海辺に連接した地域でも戦力修正がつき
海辺から上陸し暴虐の限りを尽くす、まさに海の王者なのだ


 
2勢力に攻め込まれほぼ壊滅状態のKu-3は、さすがにたまらずここで衰退を選択してターン終了


sw5.jpg
戦線を広げきったつけで新勢力に2方向から攻め込まれ四面楚歌状態のオーク 栄枯盛衰 盛者必衰なのだ


Ku-3は新たに裕福なスケルトンを選択し、南方のひげの衰退種族を駆逐しつつ、勢力を伸ばしていく
お互いにKu-3のオークの残存兵を狩りつくし撲滅させると手番終了


次のターン、国境線にハーフリングの穴ぐらを設置され、これ以上に南進出来なくなった私はこれ以上勢力を広げるのは無理と判断し衰退を選択
ひげはヒーロートークンを駆使しつつ私の陣地に侵略を開始、Ku-3は霊体になったウィザードを撲滅し南東部をほぼ制圧・・・


sw6_20091015141616.jpg
ハーフリングの能力で穴ぐらを設置され不可侵地域にされてしまう  立て看板には「入ると撃つ!」の文字がw


そんな感じで盤面は二転三転しながら繁栄と衰退を繰り返しターンは進み、
規定の10ターンになりゲームは終了  コイン獲得数の多いプレイヤーの勝利になる


結果、こっそりと衰退種族で地味にコインを稼いでいた私の勝利  セコイゼ俺w
2位はひげの人でKu-3と全面戦争になった分損しちゃった感じかな?
今回のビリっけつはKu-3 最初に衰退を遅らせて出遅れちゃったのが敗因だね 


sw7.jpg
3人用マップでは10ターンでゲーム終了  兵どもが夢の跡である


感想
侵略と防衛、繁栄と衰退と、扱っているテーマはかなり深いのだが、比較的ルールは軽めで
基本的には陣取りゲームなのだが、軽めのファンタジーの世界観が非常にマッチしており取っつきやすく
また種族と能力のランダムな組み合わせにより、毎回違った展開が楽しめるお得仕様となっており
文句なしの良作です これはおすすめですぜ


Civ4大好きのひげちゃんも大変気に入っていたみたいで良かった良かった 
又機会があったら再戦しようぜ!


【個人評価】
4point






















あとひげの娘はもっとパパのゲームを台無しにするといいw
スポンサーサイト

Theme:アナログゲーム
Janre:ゲーム

  1. ボードゲーム
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

oyazee!

Author:oyazee!
主にボードゲーム・PCゲームで遊んでいます

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

UNIQLO Calendar

管理者用

                                       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。