-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

2010-01-28 16:39

きょうはこうじょうではたらくおっさんをみにいくよ   ファクトリーマネージャー






ヤッホーヤッホー ぼくoyazee
ワンワンワワン ぼくKu-3


エロい目じっとーり みえるかい?
でかいはらぽっこり うごけるかい?


ゲームしようよ ともぞうさん  
倍プッシュだ! ひげのおっさん


oyazee! Ku-3 ふたりでたんたんたん


はたらけoyazee! おねむだKu-3  
こん畜生~






と三十代後半の人間じゃないと、なんだか分かんないネタでスタート
今回はKu-3とトモゾウと私の三人で緑の人の新作ゲーム「ファクトリーマネージャー」で工場経営し
社長島耕作気分で工場の効率化と生産管理を目指し、夜はしっぽりなのである


facm.jpg



各人工場ボードと初期施設のオンボロ工作機2基と倉庫スペース3つ、作業員駒を7人分受け取りゲーム開始
最初に受け取った工作機は一基につき作業員が二人必要で、電力2を消費し商品を一つ生産するため
2基で4人の作業員を工場操業に取られてしまうため、
残った三人で外回りの営業、手番の入札や最新機器の発注買い付け等に奔走してもらうことになる。


facm3.jpg
最初に貰える工作機械は人員2と電力2も消費してしまうため、早めに新型と取り替えたいところである


まずは手番の優先順位の入札から
3枚の数字の書かれたタイルから好きな物を選び、営業マンの駒を使ってビットしタイルを獲得していく
タイルには優先順位を表す数字と、機械購入の際の割引料金が書かれている


優先順位が早いと他のプレイヤーが買う前に、いち早く最新の機器を購入することが出来るのだが
優先度が低いタイルほど割引額が大きくなるため、売れ残った機械を格安で購入出来るので、
この辺は自分の懐具合と工場の状況を見て臨機応変に対応していきたいところだ


facm1.jpg
早期に狙った機械を手に入れるため早い手番を取るか、割引価格でお得に買い物するか悩むところである


なおこのオークションで使われた営業マンは次のラウンドまで帰ってこないので、気張って順番タイルを獲得したはいいが
購入フェイズに人員不足に陥って何も出来なくなってしまうといった事態は避けたいところである


今回私は割引額の一番多い11のタイルに一人ビット、他の2人はパスでそのまま獲得
Ku-3が割引のある2番目のタイルに1人ビットでトモゾウさんはパスし、無料で一番手のカードを受け取る
(この時は最低1人はビットしなければならないとルール誤解してプレイしていたのですが、実際は0人からビット出来るみたいです)


次は市場の準備で優先順位の早いプレイヤーから工場に設置する機器を倉庫から市場に搬出していくのですが
ここもルールを読み違え、3つの機器しか市場に出せない事になってしまいましたw

ここで優先タイルの一番手を獲得したトモゾウさんから市場の機械を購入していく
結局トモゾウさんが高価なコンピューター機器を定価でお買い上げ 生産性の向上とと電力消費低下に成功する
続くKu-3が残った簡易工業ロボットと倉庫をまとめて買っていってしまったため、市場に何も無くなってしまい
折角割引タイルを獲得したのですが何も買えず、結局派遣社員を2名雇ってラウンド終了することにする


facm6.jpg
基本的に古い機械から市場に出て行くルールの為、高性能な機器は後から市場に出てくることになる



その後電気量の値上げを処理し(初年度は0のようです)
工場の売上高からエネルギー費用を差し引いた金額を受け取ります
Ku-3とトモゾウさんが順調に生産性を上げているのに比べ、今回何も出来ず少し出遅れた感じですな


次のラウンド、優先順位の低い私から次の手番の優先順位の入札
またもや割引額に目が眩み優先順位の低いタイルを取ってしまう いやー お買い得に弱いタイプなんよw
結局前回と同じ優先順位のままゲーム進行


しかし前年度、持ち金一杯まで設備投資した二人に比べ、ほとんど資金を使わず派遣社員を雇い人材も豊富なので
これらの資産と割引タイルを活かして、人海戦術を展開、大量に機械を市場に仕入れ、
資金と人材不足の二人を尻目に大量の最新機器の導入に成功し、工場の大幅な生産性の拡大を達成を果たしたのだが
この年、電力の値段が高騰、工場の拡張とともに消費エネルギーの増大していた我が社は大ダメージを受け
稼ぎの三分の一を電力代に消費してしまう羽目に ショボーン


この後も電力費はどんどん上がっていく筈なので、今後の事も考え電力の消費を抑えつつ工作機械の省電力化を図り
急遽地球環境に優しい企業を目指すことにするのだ  STOP! the 温暖化


facm7.jpg
電気代ははゲームが進むにつれドンドン値上げされていく為、消費電力はなるべく少なめに抑えておきたいところ


一方トモゾウさんは産業ロボットの導入による人員削減を敢行し、工場の無人化に成功するw
彼はきっとこのまま機械の体をタダでくれる工場を目指し、休日は人間狩りでも行なうのであろう おお怖い怖い


反対にKu-3はロボットに頼らず独自の人海戦術で生産性のみを追い求める技術屋集団な工場になっており
社員食堂には絶えず人があふれる活気ある工場になっている模様  なんか楽しそうでいいなぁw
しかし生産業務に人員を取られてしまうため、工場機械の購入に難儀している模様で、過剰な生産に対応するべく
ちまちまと倉庫を拡張するのが精一杯といったところか


facm8.jpg
新型機械の導入により、あぶれ帰った社員が社員食堂に寿司詰め状態のKu-3の工場w  



こうして各人、自分の思うまま工場の拡張していく様は遊んでいて純粋に楽しく
あれこれ試行錯誤してるうち、あっという間に最終ラウンドの五年目になってしまう


私は運良く一番手を取れたので、旧式化していた工作機械を最新型のものと総取替えし、
残った資本金のほぼ全を投入し、工場を拡張増設したのち大規模な倉庫を設置し、
大幅な工場拡張に成功し商品生産量を一気に11まで上げ手番を終了


最終ラウンドは、収益が二倍になるジャンピングチャンスになっているらしいので
皆ウンウン唸って、少しでも収入を増やそうと画策して長考気味にw
結局二人とも生産量を10以上まで上げることが出来ず、私の勝利でゲーム終了 ひゃほう


トモゾウさんは生産ラインのロボット化と最新コンピューターによる全自動化による工場の近代化を進めていたが
割引も使わず毎回最新型の機械を購入するために湯水のごとく資金を使い続けていたため、常に家計は火の車であり
また結局最後まで旧式の工作機械を使い続けていたため、いまいち振るわず結局2着


facm9.jpg
ロボットの導入により、大幅な生産性の向上や人員削減が可能なため、積極的に導入していきたい所である


Ku-3はといえば、倉庫こそ広いものの、手番獲得に消極的であったために、終始良い機械を購入することが出来ず、
中々生産性を上げることが出来なかったみたいで、最終ラウンドでようやく高性能ロボット導入出来いたのは良いが
高騰していく電力費に悩まされ結果ラスで終わってしまうという、なんか気のいい町工場の社長が経営不振の末、
必死で借金して高価な機械を買い付けるも振るわず、結局悪徳金融屋に工場ごと差し押さえらて夜逃げしてしまうといった
青木雄二辺りの漫画が頭を過り、なんか傍から見てても生々しくて嫌な展開でしたw




そんな訳で総評



わずか五ラウンドしかない中での、手番選択も先が良いのか後が良いのか? 人員は競りで使ってしまうか温存しておくか?
他の人にも買われてしまう危険性がある為、どの機械を新たに市場に仕入れてくるか? 
どのタイミングで新機種に移行していくか? 工場の拡張はどのタイミングで? 等々 非常に考える場面が多く


また同作者の前身作「電力会社」と同じく、高性能な機械の出現時期や、電力費の上昇曲線などの細かいところで
ゲームバランス調整を取っているみたいで、かなりキツキツの状況下でマネージメントを余儀なくされ
一時間程度のプレイ時間の割には、かなりシビアなプレイ展開になり非常にやり応えのあるゲームに感じました
私は「電力会社」よりこっちの方が好みかもw










【個人評価】
4point







スポンサーサイト

Theme:アナログゲーム
Janre:ゲーム

  1. ボードゲーム
  2. TB(0)
  3. CM(0)

プロフィール

oyazee!

Author:oyazee!
主にボードゲーム・PCゲームで遊んでいます

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

UNIQLO Calendar

管理者用

                                       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。